0 記事

記事(0)

0-記事
税金 0.00
全体 0.00
E-スタイルの外固定リングのテーパ部、ラジアル組立DIN1.4122ステンレス鋼不動態化仕上げ開催し、DIN6799仕様11mm軸径、0.9mmの厚さは、米国パック25)

E-スタイルの外固定リングのテーパ部、ラジアル組立DIN1.4122ステンレス鋼不動態化仕上げ開催し、DIN6799仕様11mm軸径、0.9mmの厚さは、米国パック25)

¥ 2465.30
在庫あり

数量

E-スタイル形状の接続を軸に三ヶ所のために保ちます。テーパー部の構造は柔軟性を設置できます。リング設放射状にスライドの軸からです。DIN1.4122ステンレス鋼を提供耐食性、不動態化仕上がりを高め、その自然に対する耐食性に優れています。応DIN6799仕様、ボランティアとしてE-スタイルの外固定リングは、テーパ部が形放射状には不動態化ステンレス鋼を開催し、ドイツInstitut für Normung(DIN)6799仕様、ボランティアとしてリングのE-スタイル形状は三つの点接触によりシャフト保持おります。テーパ部スタイルのリングの柔軟性を設置、一般的に耐える高いアキシャル荷重を受けよ定部およびスパイラルプリントです。リングの設置による摺動で軸側面からとも呼ばれるラジアル。される場合によく用いられるの軸端には到達できないと、ラジアル組み立てリングをより早く設置により軸方向に設置されリングが必要な深い溝.ステンレス鋼の材料はDIN1.4122仕様、レジストの腐食とする磁気結合しています。この不動態化仕上がりを高める天然の耐食性のステンレスを使用しております。固定リングをお付けシャフト(外部)インストールで穴(内部)、肩の維持に成装置。一輪にインストール、機械加工溝のいずれかの内外径のシャフト、自己の固定リングをお付けシャフト用摩擦など、歯の切欠きを維持します。固定リングは密着への溝は、軸な切に動作します。

特徴

カテゴリーの製品